精力剤を飲んだ後に全く効果が現れない場合もあり得るの?

精力剤が全く効かないことがある?

精力剤が全く効かないことがある?

精力剤はほとんどの場合で効果がありますが、一部の条件下では効かなくなってしまうことがあります。その原因にはいくつかあり、最も注意すべき点は飲食です。

実は精力剤によっては、食事や飲み物の影響を大きく受けてしまうものがあります。例えば脂っこいものを食べたり満腹状態になっていると、成分の吸収を妨げてしまう可能性が考えられるのです。

実際にクリニックでも空腹時の服用を推奨しているところは多く、理に適った原因の1つです。

更には、飲酒によるアルコール摂取も見過ごせません。お酒を飲み過ぎると性欲中枢と呼ばれる部分が正常に機能しなくなり、性欲の減退や勃起不全を一時的に起こすリスクがあります。

ですからそこへ精力剤の成分が加わっても、満足に効果を発揮できません。少量であれば深刻な影響は受けませんから、服用前後には文字通り嗜む程度にしておくのが理想です。

そして効かない理由として意外に盲点なのが、性的刺激の不十分さです。精力剤はあくまで性欲を自然に増幅させるためのもので、服用するだけでそうした気分になるわけではありません。

そのため効果を最大限に得るために、性的刺激を受けるのは必要不可欠なのです。ところがこのような効果への根本的な勘違いをしてしまっていると、効かない錯覚に陥ってしまいます。

服用後は視覚や聴覚、または性器に触れるなどして自ら性的刺激を得るよう意識するのが大切です。

身体への慣れもあります。頻繁に精力の上昇を薬に頼っていると、それが当たり前になってしまい段々と身体に変化が起こりにくくなってきます。

正確には効いていてもそれが分からないような身体になってしまい、効果の有無の線引きができない状態です。

この状態になると必要以上に服用してしまう危険性がありますから、まずは日を置いて服用し直す習慣を身に付けましょう。間隔を空けることで、再び効果を感じられるようになります。

他には、服用のタイミングも重要です。本来は精力を高めたい時間から逆算するのが基本ですが、服用からどれくらいで効果が出るのかには個人差があります。

30分でいい人もいれば、2時間掛かる人もいるわけです。精力剤が効かないと感じるのは、この自分にとってのベストタイミングが把握できていないことも原因になります。

ですので何回か事前に服用してみて、そこから最も精力が出る時間を確認しておきましょう。そうすると、いざというときに効かないという事態を避けられます。先に挙げた飲食や性的刺激の面も含めて、正しくリハーサルを行うとより安心です。